とうとう関西では桜も散り始めましたが、プロ野球では阪神タイガースがここの所調子が良くなんとか2位をキープしています。この調子で4月は勝ち越しで乗り切りたいものですね。

ブログ久しぶりなので何を書こうか悩んでいますが、今日はリハビリがてらに非上場会社の株価について触れたいと思います。

先日会社の株価に関するセミナーを行ったんですが、以外と会社の株価をご存じ出ない方が多数いらっしゃり、しかも資本金額が会社の株価と認識されてる方も多くいらっしゃいました。皆さんはご自身の会社の株価がどれくらいになっているかご存じですか?上場会社なんかはトピックスや日経平均株価などで株価を知ることができますが、非上場会社は自社で株式評価額を計算する必要があります。この株価って何に影響するのかといえば相続や贈与などが発生したときに影響してきます。特に毎期利益が出ているような優良な会社は年々利益剰余金が増えていき、会社の純資産もそれに伴ってどんどん大きくなっていきます。この資本金を含む純資産が株式評価に大きく影響してきます。この純資産がふくれあがったタイミングで相続の発生や贈与を行えば、会社の株式評価額が大きく計算され結果的に相続税や贈与税などの税金も大きく計算されます。

定期的に会社の株式評価を行い、今現在株価がどうなっているのか把握し、手遅れにならないように計画的に贈与や売買で株式の移動を進めていきましょう。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です